滋賀県・京都府のISO認証取得・ISO内部監査員養成講習

HACCPについて

  • HOME »
  • HACCPについて

◆HACCPとは、

HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)システムは、食品の安全性を確保するための「予防」システムである。これは、農場から食卓までを通して食品の生産加工から流通、提供に至るプロセスについて、科学的な考え方とそれに基づいた技術を適用するものである。

〔著者:新潟薬科大学名誉教授 田中 信正氏 「HACCP完全解説」より引用〕

「特定の危害を確認し、その制御のための防止措置を明らかにする管理システム」

  • Hazard:ハザード危害
  • Analysis:アナリシス分析
  • Critical:クリティカル重大な
  • Control:コントロール管理
  • Point:ポイント要素

◆HACCPシステムは、

HAとCCPという2つの部分から成り立っている
HA→危害要因分析
CCP→重要管理点管理

◆危害

生物学的、化学的、物理的なものが含まれる

◆HACCPの7原則

HACCPを構築するには、HACCPの7原則を含む12手順を、順次確立していかなければならない。

HACCPシステム

内部監査耳より情報:無料ダウンロード

上記ファイルを無料でダウンロードできます。

資料ダウンロードページはこちらから

無料お悩み救助隊

ご相談は、無料お悩み救助隊要請書にてご連絡下さい。お待ち致しております。

無料お悩み救助隊へ

お気軽にお問い合わせください TEL 0748-20-3391

PAGETOP
Copyright © フジコンネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.